Blog
  • タペットカバー交換

    ???????????????????????????????
    Aタイプエンジンを初め旧車のエンジンルームは、目で見ても楽しめます。   と言う事で今回は友人に製作して頂き、取り換えてみました。 取り換えたからと言って性能がUPする訳でもありませんが・・・・   ハンマートーン仕上げのそれはスピードウェルを彷彿とさせてくれます。     ☆お問い合わせ☆ ☏:...
  • シャシーNo416

    DSC08033
    私のSeven sr1のシャシーナンバーは416です。 sr1は401番台からスタートして242台生産されました。 と言う事は、15番目のsr1と極初期のSevenと言う事になりそうです。 今更ながら、詳細が分って来ると楽しくなってしまいます。 この1958年のsevenの生産時の仕様は、エンジンはフォードのサイドバルブエンジンで、ミッションは3速、デフは、A35用...
  • 2014年10月号 Free&Easyが載りました。

    DSC09098
    友人に届けて頂きました。 メジャーなファッション雑誌に載るとは夢にも思いませんでした。 画像を通すと良く見えてしまいます。 私のGarageもその例にもれず綺麗に写っていますが・・・実は汚い!です。   ☆お問い合わせ☆ ☏: 080-4929-9390 Mail:info@uk-yorozu-collection.com ※修...
  • グリルマフ取り付け金具

    DSCF0458
    私の周りの職人さん・・・・ 例えば、シート&内装屋さん、塗装&板金屋さん、町の旋盤工さん、鍍金屋さん・・・などなど素晴らしい技術を持った職人さんが高齢になってきました。 このグリルマフの金具も、そのような高齢の職人さんに作って頂きました。 拘りのインチのボルトです。本当はセンチの予定でしたが職人さんが当時物の見本を見て敢えてインチにしてくれました。 材料は全て真鍮です。 ...
  • 2014年の夏休み♬

    DSC08687
    18日から19日の夏休みを利用して信州に出かけてきました。 出かける朝までSevenの予定で楽しみにしていましたが、天気予報によると信州方面では突然の雷雨がありえるでしょう・・・と言う事で、急きょCrayfordに乗り換えました。 今回の目的は、避暑を兼ねて、茅野で友人に教えて頂いたうなぎ屋さんの「ささおか」さんと「OFFICE403」さん宅まで自力で行く事です。 ストレートに茅...
  • マセタティHORN

    DSC03728
    友人にマセラティホーンをO/Hして頂いた流れで、エアホーンを付けました。 取り付け場所は、ナビ側の足を伸ばした裏側のエンジンルーム内。 ここが定位置でしょう。 スイッチはステアリングを持ちながらでもすぐに対応出来るように、右手のすぐそばに設置しました。 LUCAS製のメッキの分厚いシングルパネルと、LUCAS製のショートリターンスイッチ。 全て友人の在庫品でその場で対...
  • 英國製 ANTIQUE 鞄

    DSC08186
    アンティークの鞄が遠い英国よりはるばる届きました。     レアな極小(size:横305㎜×縦220㎜×奥行き80㎜)   小(size:横405㎜×縦280㎜×奥行き120㎜)   中(size:横475㎜×縦335㎜×奥行き175㎜) ☆お問い合わせ☆ ☏: 080-...
  • フロントショック交換

    DSC07538
    いろいろ手を加えて新しくすると、それが弱い部分に出てくるのか、今度はフロント左側のSPAXショックにオイル漏れを見つけて頂きました。 早速交換する事になり、sr1のショックを探し始めましたがなかなか見つからず、メカニックのMr K氏の横のつながりから手に入れる事ができました。結局、sr2と同様のSPAXのようです。 当然左右入れ替えます。 sevenの場合は、ジャッキUPから大いに気を...
  • デフのO/H

    DSC03726
    この際にと、デフまで見て貰う事となりました。 ここの部分はシール交換程度の作業で問題ありませんでした。 sr1は大半のパーツをspriteのMk1を多用しています。 新しい発見は、カニ目用ならファイナルが4.2が通常のようですが4.8になっているようです。 高速のトップスピードなどから考えると4.2に戻したいものです。 ただ乗りにくくなることも懸念されますが・・・ ...